借金 おまとめローン 一本化

借金をおまとめして一本化することで返済額を減らすことができるんです!

おまとめローン(借金一本化)とは、銀行が多重債務者に対して、低金利で融資を行っているローン商品のことを指します。複数借入を一本の借入にまとめてしまうローンのことで、毎月の返済額が減り、金利も低くなります。

 

複数借入をしている人の強い味方がおまとめローン(借金一本化)ですが、借入額が大きくなるので審査はそれなりに厳しくなります。おまとめローン(借金一本化)の場合、注意しなければならないのは、審査の厳しい銀行ではより厳しくなり、審査に落ちてしまう可能性があることです。法改正により、借入額が年収の1/3を超える場合、総量規制に抵触するので審査に落ちてしまいますが、銀行系なら、総量規制対象外になります。

 

おまとめローン(借金一本化)が叫ばれるようになったのは、バブル経済が崩壊した頃で、いくつかの大手金融機関が債務超過で破綻して以降です。銀行が不良債権処理を加速させ、行き場を失った債務者が複数の金融機関や闇金融を相手に自転車操業的に借金を重ねることを続けた結果、おまとめローン(借金一本化)が注目されるようになりました。

 

2000年代後半から銀行が積極的に取り扱うようになったのがおまとめローン(借金一本化)なのです。それは低金利キャッシングで構成されるカードローンの一種なのですが、低金利キャッシングを利用することで借金を一本にすることができるので上記の返済は楽になり下手に金利の高い闇金などに手を出す必要がなくなるので安心です!

 

銀行のカードローンの方が金利は安い?

銀行のカードローンの方が金利は安いというのは周知の事実です。でも消費者金融系のカードローンも多く利用されていますよね。金利が安いにこしたことはないのに何故でしょうか。それは消費者金融系のカードローンは早さをアピールしているからです。即日融資という言葉を聞いたことはありませんか。

 

審査が当日中に、早ければ数十分で終わり、簡単にお金が借りられるのです。逆に銀行のカードローンは金利が安い代わりに審査には時間がかかります。早くお金が欲しい人にとっては金利が高くてもすぐお金を貸してくれるところのほうがいいだけのことだったのです。

 

しかし金利が高いとなかなか元金を減らすことが難しくなります。

 

利息だけを返済、それ以外は翌月に持越しなんてこともあるほどです。ですから特別な事情がない限り銀行系カードローン(http://kiironline.org/)でおすすめ>のほうを利用した方がいいと個人的には思います。また気分的にも消費者金融から借りているというのと銀行から借りているというのでは違ってきませんか。

 

健全性というのでしょうか、その結果もし人にばれてしまったとしても心象は大きく違うはずです。

 

このように銀行は一般的に信用の度合いが消費者金融に比べて大きく違うので初めてキャッシングやカードローンを利用してお金を借りたいと考える場合には銀行系のカードローンを利用してその後の消費者金融系でお金を借りるのが理想的なのかなと思います!